NHK BS



NHK BSプレミアムってなに?

今度からBSが新しく変わります。変わるのはBSが1しかなかったものがBS1とBS2になることです。

今回説明するNHK BSプレムアムは、簡単に言うとBS2のことを指します

BS2はどんなことをやるのかというと、よくやるNHKの緊急放送です。

何か困ったとき、他のところで災害が起きたとき、すぐに困ったときの処置をテレビで見たいときこのBS2がとても便利になります。

BS1もBS2も通常NHK受信料だけお金が入り、特にNHK関連の重要な放送を流すBS2をNHK BSプレミアムと言います。

今はどの家庭も地デジタイプのテレビを買ったばかりの人も多いと思います。

今のところテレビを買わなければ見られないかというとそういうわけでもなく、チューナーを買うことでBS2を見ることが出来るようになっています。

しかしBSが元々見られない人はアンテナ設置も必要です。

今のところBS2がなくても暮らせるため、ゆっくり考えるのもいいです。


NHK BSのメッセージ消去方法

毎回NHKのBSのメッセージがテレビに表示されると気になると思います。

どこに表示されるかというとBS画面の左下に大きなメッセージが出ます。

何故出てしまうのかというと、BS受信機はきちんと設置したりチューナーなどを設置したけれど、NHKは効率化を図りながら見ている人のためにきちんと公平に受信料を知らせることをしているからです。

常に皆の設置状態にあった受信料を決めるためにテレビでメッセージを流し、注目するように表示しています。

NHKがわざと悪気でやっているわけではありません。

メッセージを消去するためには、インターネットから消去しなければいけません。

インターネットから消去しないとずっと表示されたままになります。

簡単に言えば、BS放送の確認メッセージを送っているだけで、特に何かしようとかいたずらをしようとしているわけではありません。

フリーダイヤルの0120-933-933からでも消すことが出来るから大丈夫です。


NHK BS、BSプレミアムの番組表はどこにある?

NHK BS1、NHK BS2のNHK BSプレミアムの番組を調べる方法は2通りあります。

一つはインターネット検索サイトでNHK、BS、プレミアム、番組表と入力するとすぐ検索結果に表示されます。

もう一つの方法はNHKの番組表のサイトを探します。

NHK番組表のサイトには総合、Eテレ、BS1、BS2のBSプレミアムが表示されています。

どちらから調べても同じサイトが表示されます。

もちろん困ったときの緊急放送もやりますが、他にどんな放送をやっているかというと、通常は旅や名曲といったどこにでもある番組をやっていますが、いいときは映画館でやった放送などを公開しているときもあります。

毎日映画をやっているとは限らないから、映画のために契約する考えで契約するのは考えなければいけません。

1時間ごとに番組が変わるのではなく、どちらかというと一つのものをずっとやっていることが多いです。

番組は1日だけではなく何日もの情報が書かれており分かりやすくなっています。


NHK BSの受信料はどうなってる?

NHK BSの受信料というのは、BSを設置しているかしていないかで全く料金は違います。

まずNHK BSだけでも地上契約の人は通常2か月で2690円かかります。

しかしBSを設置すると必ず衛生放送契約が必要になります。

合計すると2か月で4580円という高負担になってしまいます。

BSチューナーだけでもお金はかかりますが、チューナーなどを買ったことでいろいろ契約して受信料もかかるから大変になります。

NHKだけ見ていてももちろんNHKだけの受信料はかかりますが、NHKもありNHK BSプレミアムも見られる状態だとこの4580円のプレミアムと衛星放送料金とプラスしてNHK専門の今までの受信料もかかります。

BSを設置してしまうと負担がかかりすぎてしまいます。

BSを考えるならよく受信料を確認する必要があります。

BSを見られる状態にしていれば必ず受信料が沢山かかります。

テレビ自体を買うことからよく考えるようにします。


NHK BSの解約方法

NHKのBSを解約したいという人もいると思います。負担はかかるし大変です。

解約方法はいろいろあります。

まず簡単なことはBS放送が全く見られない状態にすることです。

そのためにはどうしたらいいかというとBSアンテナを取ります。

チューナーも辞めてしまいます。

BS放送はなるべく見られないテレビを買うようにします。

まずこれで解約する前の準備が整います

それからどうしたらいいのかというとNHKに電話します。

NHKにただ電話するだけではなく、アンテナが今なかったりテレビを見ない、見る予定はないし見られない状況などをきちんと伝えます。

この2点で解約が出来ます。

NHKはこの意見を聞くとCATV会社などに確認して解約するかどうかしっかり判断します。

アンテナを取り外してもNHKが気づかない状態だと払い続けなければいけないし、テレビがないことを説明しない限り請求も続きます。

BSは全く見なくてもいろんなテレビで情報はあるし困ることも少ないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする